トップページ > 社員紹介 > CSソリューション営業部 森真由美

会社がうまく回っていく「潤滑油」のような存在として、業務に取り組んでいます。

CSソリューション営業部 森真由美

2013年12月入社。前職では営業職や事務職を経験しました。
アドテクニカでは、CSソリューション営業部の一員として、お客様のサポートを中心に、他部門の協力や会社の様々な面をサポートする仕事をしています。
アウトドアが趣味で、夏はキャンプやバーベキュー、冬は日帰り旅行に行ったりしています。まったり映画鑑賞をするのも好きです。

─ 入社時の事について

私が入社した頃よりも何年も前から、アドテクニカでは「顧客満足」に非常に力を入れていました。年々、お客様が増えていくにつれ、サポート体制を更に強化していこうと、新たな取り組みを実行しながら、さらに発展していこうとしているところでした。
入社当初は、私はまず商品やシステムの理解することからはじまりました。操作に関するお問い合わせの対応や、お客様向けの案内を行うなど事務的な業務を多く行いました。CS部の業務を少しづつ覚え、今ではテクニカルセミナーやインタビューなども担当しています。お客様に商品をより効果的に活用して頂くための運用面も支えるなど、お客様のためにより手厚いサポートをしており、現在も日々勉強を続けています。

─ 仕事のやりがいは?

お客様サポートの窓口として、日頃から多くのお客様と接していますので、お客様の声を直接聞く機会も多くなります。悩みや不安の声もありますが、それを解消することができた時は、「良かった!」と感じます。
また、お客様からの問合せやテクニカルセミナーの中で、私からホームページの改善アドバイスをしたり、「安否コール」の運営について提案をしたりすることがあります。多くの業務に携わる中で蓄積した経験から、より良いアドバイスがお客様に提供でき、それを実践して頂けると、とても嬉しく感じます。

─ 仕事で大切にしていることは?

お客様の窓口としての役割がありますので、常に「顧客優先」の意識を持ち、「自分がお客様の立場だったら」という顧客目線を忘れないようにしています。お問い合わせが来たら、お待たせせずにすぐ解決したいですし、お客様から貴重なご意見を頂いたときは、社内にフィードバックしてより良い商品・サービス提供に繋げられたら良いと思います。こうした取り組みをしていく中で、多くのお客様がアドテクニカのファンになってくれると嬉しいです。
また、CSソリューション営業部はお客様の窓口としてお客様をサポートし、アドテクニカにお客様の声を伝えるだけでなく、商品の最新情報などをお客様へ提供したり、他部署と関わりながらお客様の課題を解決したりする役割も担っているため、お客様だけでなく「社内や部署がどういう状況になっているのか?」にも敏感でいたいと思っています。会社がうまく回っていく「潤滑油」のような存在として、業務に取り組んでいます。
森1


森2

─ アドテクニカってどんな会社?

部内の雰囲気としては、仕事中はまじめに取り組んでいる雰囲気です。あとは電話にも多く出ますので、常に誰かがお客様や社内の人と話しています。困ったことがあれば都度情報共有して、対応について打合せを取っています。
会社全体としては、オンとオフがはっきりしていると思います。仕事中は真剣で、検討会でも真面目な議論が交わされますが、レクリエーションや飲み会では和気あいあいとしています。にぎやかな人が多い印象ですね。また、自分の意見を出しやすく、その意見をちゃんと聞いてくれますし、部署をまたいで協力し合うことも多いので、チーム力の高さも特徴だと思います。
あとは、お土産や差し入れなどでよくお菓子が配られていますね(笑)

─ 「成長した!」と感じるところは?

1日の業務の中で数多くのお客様と話すので、状況に応じた対応や考え方ができるようになったと思います。Webやシステムに関する知識も増えましたね。
あと最近は、仕事を一人で抱えずに、必要に応じて割振りをすることも覚えてきました。どの仕事もそうだと思いますが、初めのうちは、誰かに業務内容を教えて仕事を任せるよりも、自分がやってしまった方が正直早いです。ですが将来的なことを考えた時、自分以外の人も仕事ができる方が、うまく業務が回っていくと思います。

─将来こんな社員になりたい!

仕事面では、お客様からも部内からも頼られる存在でいたいと思います。お客様に頼られるには、まずCSソリューション営業部の存在を知っていただき、親身に接していくことで、気軽に相談できる話しやすい関係を築いています。また部内では、業務中の報連相だけでなく、毎日の終礼で情報共有を行っています。その中で、日々の業務における相談事もありますので、的確なアドバイスを出していきたいです。
また、特に女性は、結婚や出産を機に退職してしまうこともありますが、そのようなライフイベントがあってもアドテクニカの一員として永く働けるよう、仕事と家庭を両立したいです。この仕事に携わることで、世の中の動きに敏感になり、社会に関わり続けたいと思っています。


message

新しいことをどんどん吸収できるように、スポンジのような感覚でアドテクニカに来てほしいです。
また、向上心と探求心を常に持っていてほしいです。自分から「知りたい!」と思い、自主的に勉強や調査ができる人が良いですね。
森3




ページの先頭へ