導入インタビュー
トップページ > 導入インタビュー > 大日三協様 安否コール導入インタビュー

大日三協様 安否コール導入インタビュー

大日三協株式会社

大日三協株式会社

常務取締役 管理部長 渡井 克昌様

「安否訓練以外の配信では、社内連絡で利用しています。主に慶弔の連絡、入退職の関係の連絡をしています。PCメールを持たないパート社員さんにも通知できますし、部署毎に送信できるため、非常に便利です。」

大日三協株式会社は、1961年(昭和36年)創業以来、お客様のニーズにマッチした商品をプロデュースし、洋紙、板紙の販売を中心に半世紀にわたり数多くのお客様と紙の総合商社としての信頼を築いてきました。
その実績を礎に、ノベルティでご利用いただくメモ帳専門製造メーカーとして、新分野へ挑戦し続け、一般的なメモ帳から他社にはできない特殊なメモ帳(特許製品等)まで、専門ならではのバラエティにとんだ製品の数々を取り揃えています。

まずはじめに、安否確認システム「安否コール」を知ったきっかけと、知った時の率直なご感想をお聞かせください。

イメージ

取引銀行さんが主催するビジネスマッチングを通じて知りました。以前より社内では、安全衛生委員会の議題として安否確認の必要性が挙がっていましたが、どのような業者に聞けばいいのかわからなかったですし、ネットで検索しても様々な商品がヒットするので、少し躊躇していたところがありました。そんな時タイミングよく紹介があり、初めて詳しく聞いた次第です。
知った時の率直な感想としては、『以外と簡単だな』と『お値段もそんなに高くないな』と感じましたね。ご説明も丁寧だったので、導入もスムーズにいきそうだなと感じました。

導入に際して、比較検討したサービスはありましたか?また、「安否コール」が採用された決め手について教えてください。

イメージ

ネットで検索してヒットした商品をいろいろ見ていました。お値段もバラバラで正直「安否コール」より安価なものもありました。
ですが、アドテクニカさんは、静岡という同じ地元企業ですし、県内でも大手企業への導入実績も多く、安心度が高かったのです。これが決め手になり導入に至りました。

配信はどのくらいの頻度で行っていますか?

イメージ

基本的には9月と3月の年2回、避難訓練と同時に行っています。返答率が100%になるまで、返答を促すようにしています。
その他の配信では、社内連絡で利用しています。主に慶弔の連絡、入退職の関係の連絡をしています。PCメールを持たないパート社員さんにも通知できますし、部署毎に送信できるため、非常に便利です。今までこれらの連絡は、書類の回覧や掲示だけだったので時間もかかり、気づかれない場合もありました。

「安否コール」を導入し満足している点・不満に感じる点はありますか?

イメージ

満足している点は、上記の通り社内通知において管理者の手間が省けた事だと、周知される時間も短縮された事だと思います。不満に感じる点としては、安否回答時、現在地住所の入力が必須になっているため、任意項目にできるとより良くなると思います。携帯端末への入力が苦手な方なども中にはいます。
また、安否回答項目の中に「家族の状態」とありますが、会社へ通知する必要があるのかと社員から声が上がったことがありますね。

現在地住所の入力項目や安否回答項目については今後のバージョンアップで改善できると思いますので、もう少しお待ちください。 では、最後に、「安否コール」を導入したことでどうような事を期待しますか?

イメージ

もっと活用していきたいと思いますので、他社の事例をいろいろ教えて頂けると助かりますね。部署内での活用もしていけるといいなと思っています。

アドテクニカ:本日は貴重なお話、ありがとうございました。
(2017年9月取材)

会社概要

社名 大日三協株式会社
所在地 静岡県静岡市葵区流通センター12-1
TEL 054-263-2435
FAX 054-263-2409
事業内容 洋紙、板紙、加工紙、情報用紙、和紙、家庭紙、紙及びプラスチック加工品、包装材料販売、広告宣伝用紙加工製品の企画・製造・販売、輸入物販開発商品
URL http://dainichi-p.co.jp/
安否コール
メールマガジン facebook お問い合せ
ページ先頭へ戻る